「翔さん披露宴で歌わせてくれない」 宇多田ヒカルがブログで毒づく

印刷

   宇多田ヒカルさんが人気バンド「氣志團」の綾小路翔さんの結婚披露宴に出席したときのこと。披露宴では歌手たちがそれぞれ持ち歌を熱唱したが、宇多田さんには「歌ってくれる?」という打診すら無かった。そのため、「離婚した私なんかが歌ったら縁起が悪いっつうわけかい」と、自身のブログ上で毒づいている。

「頼まれてないの,私だけ・・・? けっ( ゚д゚)、ペッ」

宇多田ヒカル、ブログで毒づく
宇多田ヒカル、ブログで毒づく

   綾小路さんの挙式・披露宴は2007年6月16日に都内で行われた。プライベートな行事ということでマスコミにも非公開だったが、歌手仲間やお笑いタレントなどを含め約300人が出席した。その中に宇多田さんもいたのだが、宇多田さんにとってかなり気に入らないことがあったらしい。公式ブログ「Message from Utada Hikaru/Utada」の07年6月18日には、書き出しこそ「いつもと少し違う翔ちゃんもかわいかったしお嫁さんもちょーかわいかったよ!」と和やかなのだが、次第に風向きが変わる。

   宇多田さんが気に入らなかったのは「私に歌わせてくれない」ということらしい。披露宴では友人代表としてGLAYが「HOWEVER」を、森山直太朗さんが「さくら」、氣志團は「マブダチ」を熱唱したが、宇多田さんには事前に何の打診もなかった。

「え?・・・頼まれてないの、私だけ・・・?」

   なぜ頼まれなかったのか、その理由を自問自答した結果、

「こないだ離婚した私なんかが歌ったら縁起が悪いっつうわけかい?!ええ?翔ちゃんよう!」

という結論に達し、その悔しさで腹いせに、

「まあいいけどよ。けっ( ゚д゚)、ペッ」

とブログ上でツバを吐いた。

   なんとなく宇多田さんの考えすぎ、「被害妄想」の気もするが、宇多田さんが同ブログで離婚を発表したのが07年3月3日。結婚生活は4年半。理由は「思い描く未来図や夫婦像の方向性に、徐々にズレが生じました」。離婚の痛手がまだ癒えていないのかもしれない。

(20:20追記)
   本記事は6月18日15時過ぎに公開されたが、宇多田さん本人の目にも留まった様子で、わずか2時間後の17時42分にブログを更新。「毒づくってwww」というタイトルを付け、「この記事おもしれーぞ! 」と、本記事の写真を掲載した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中