純金の水着とドレスなど 田中貴金属ジュエリー

印刷

田中貴金属ジュエリーが2007年7月5日から同16日まで、東京・銀座の同社本店で開催している「純金織物コレクション」で純金の水着と、ドレス、タペストリーが展示され、注目されている。古式の織物のひとつとされる「羅模様」の技法と、加工性にすぐれた金の特性を組み合わせたことで、しなやかでやわらか、華やかさを併せ持った「純金織物」が生まれた。「企画から制作まで、約1年かかった」という。
ゴールドジュエリーを身に纏ったようなロングドレスはオーダーメイドなので、注文を受けてから仕上がりまで3カ月ほどかかる。値段は3,000万円ほどという。タペストリーは縦2m、横3.4mで、おおよそ5,000万円。また、水着は縦の伸縮性に乏しく、泳ぐには向いていないため、一応は約1,000万円としながら、原則非売品だ。だが、「どうしてもという人には、ご相談させていただきます」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中