観光地の岩に落書き 「AAA」の公式掲示板が大炎上

印刷

   エイベックス所属の人気ユニット「AAA(トリプルエー)」のメンバーが書いたブログをめぐり、公式BBS(掲示板)が大炎上している。アメリカに行った際に、観光地の岩にスプレーで落書きした写真をブログにアップしたからだ。BBSは荒され、バッシングカキコミが大量にされた。さらに、落書きしたAAAのメンバーは処分される、という噂が流れ、「クビにしないでー!」という叫びも出て、騒然としている。

岩に黒い色のスプレーで文字が書かれた

スプレーでの落書きが波紋を呼んでいる
スプレーでの落書きが波紋を呼んでいる

   問題のブログは、7人組みユニットの「AAA」のメンバー伊藤千晃さんのクレジットがある2007年7月25日付け。題名は「岩に…AAA♪」。イベントが開かれたアメリカのボルチモアから帰って来たという報告のブログで、アメリカでのイベントは盛り上がり、

「泣きそうになるくらい嬉しかったです☆最高の想い出になりました」

   そして、現地で撮影したボルチモアの写真を公開。「書いてきましたo(^-^)oバイチャ(^O^)」という但し書き。岩に黒い色のスプレーで書かれた文字は、

「JPN AAA 2007」

   10代のファンが多いとされる「AAA」のBBSには、通常は「AAAめちゃくちゃ大好き!!(>_<)」や、「AAAファンではなかった一緒にいった妹は・・・めでたくだっちゃんのファンになりましたし!」などというほのぼとしたカキコミばかりなのだが、2007年7月30日頃から「荒らし」と呼ばれる意味不明なカキコミや、伊藤さんをバッシングするカキコミが大挙して登場する。例えばこんなものだ。

「落書きしてんじゃねーよ。この日本の恥さらし くそアマ」
「A ありえない A アメリカ人に A 謝れ」
「さっさと謝って消しに行くか、解散になるか二者択一」

   ブログに関するカキコミは、削除分も含み1000以上はあるようで、07年8月2日現在でも「炎上」が収まってはいない。「AAA」のファンたちはバッシングに対し、

「そりゃ悪いかもしれないけど…あなた達が口を出すことじゃないでしょ?おばさん?」
「怒っていい?おじさんたちは一体何様?お前達が世界の王か?いい気になんな!」
「岩、岩、岩、岩、ってうるさぃ↓みんながやってるんだからイーじゃん」

などと対抗している。中学生、高校生の女子が多いらしい。

   これに反発した「33歳のおばさん」を名乗る人物が「やって良い事と悪い事がある」とお説教を始める。今回の「事件」はBLOGを管理するAvexの甘さと、落書きした人の一般常識の欠如が何よりの問題だ、と決め付け、

「かわいいから良い、かっこいいから良いなんて言ってる10代の方たちは10年後になってあの時なんでこんなことを言ったんだろう、と恥じるだろうね。社会は貴方達が考えるほど甘いものじゃありません」

「近日中にも正式なコメントを出す準備をしている」

   さらに、「スタッフ」を名乗る者が登場。「利用規約をよく読み、ルールを守ってご利用下さい」と注意を呼びかける一方で、「千晃はクビにします」などと書いた。それで、

「チャキちゃんをクビにしないで!」

などと騒然となっている。

   エイベックスは今回の「炎上」にどう対応するのか。J-CASTニュースが取材すると、

「書いていい場所だったのかどうかを含め、事実関係について調査している段階です」

とし、近日中にも正式なコメントを出す準備をしているという。また、BBSに登場してくる「スタッフ」については、

「スタッフがBBSに入ることはありません」

と否定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中