「時代が私に追いついた」 バーチャルアイドル、伊達杏子復活

印刷

   CGで作られた世界初のバーチャルアイドル、伊達杏子さんが久しぶりに芸能界に帰ってきた。1996年のデビュー当時は清楚な美少女キャラだったが、ボーイッシュなオネェさんキャラに成長。07年8月17日にセカンドライフ内の「DEJIMA」ライブスペースに司会者(MC)として登場し、「ドンドン活動範囲を広げていきます」などと挨拶した。

「デビューした頃は、話題にもなったんだけどね」

「どんどん活動範囲を広げます」と伊達さん。
「どんどん活動範囲を広げます」と伊達さん。
「今日のMCを勤めさせていただきます伊達杏子です。デビューした頃はバーチャルアイドルって、ちょっと話題にもなったんだけどね」

   11時30分に始まったイベントは、ホリプロのグラビアアイドル谷澤恵里香さんのDVD発売を記念して開催されたが、MCとして登場したのは01年から芸能活動を休止していた伊達さんだった。会場には伊達さんと谷澤さんのアバターが登場。チャットを使ったトークショー、谷澤さんのDVDダイジェスト放映などが行われた。観客もチャットに参加でき、多くは谷澤さんへの声援だったが、「杏子可愛いよ杏子」などというカキコミも出た。

   伊達さんは96年にCGで作られた世界初の「3次元」バーチャルアイドルとして鳴り物入りでデビュー。当時の設定は16歳で、既存の様々なアイドルの魅力をいいとこ取りし、アイドルの理想形を志向した。タレント活動のほかCDで歌手デビューし、写真集も出した。99年には韓国でもデビュー。話題は先行したものの人気は、というと、同じバーチャルアイドルで同時期に発売されたTVゲーム「ときめきメモリアル」のアニメーション(2次元)アイドルに大きな差をつけられていた。そして、01年から姿が見られなくなった。

セカンドライフみたいな仮想空間に合っているタレント

   伊達さんを復活させた理由は何なのか。ホリプロはJ-CASTニュースの取材に対しこう話した。

「セカンドライフ内でのイベントを企画したところ、こういった仮想空間に合っていてMCができるタレントは誰だ、という話になったんです。約6年間休んでいたわけですが、うちには伊達杏子がいると」

   伊達さんは今後、セカンドライフ内のイベントを中心に活動していく予定で、他社から具体的な出演依頼も来ているのだという。これからインターネット内で伊達さんに会える機会が増えそうだ。そして伊達さんはこう話しているのだという。

「やっと時代が私に追いついた!?って感じです」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中