大林組社長、談合めぐり初会見で陳謝

印刷

大手ゼネコン、大林組の白石達社長(60)は2007年9月26日、就任後初めて記者会見を開き、一連の談合事件について「ご迷惑とご心配をお掛けし、改めて深くおわび申し上げます」などと陳謝した。その一方で、06年10月に同社が策定した独占禁止法遵守プログラムを徹底することで、今後は談合は行われないことを強調した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中