「TBSはスポーツを食い物にしてる」NEWS23が自己批判?

印刷

   WBC世界フライ級タイトルマッチでの亀田大毅選手の “反則ボクシング”をめぐって、これまで亀田一家を持ち上げてきたTBSにも批判が集まっているが、同局の看板報道番組「筑紫哲也 NEWS23」でも“自己批判”とも受け取れる街頭インタビューが放送された。

   同番組は2007年10月17日夜の放送で、亀田親子の謝罪会見の模様を詳しく紹介し、それにあわせて東京都心部で収録したと思われる街頭インタビューを放送した。その4番目に登場した若い男性は、「誰が悪いと思いますか?」という質問に対して、やや笑いながら「TBSさんでしょ。間違いなく。食い物にしてるからね、スポーツを」と、あからさまなTBS批判を口にした。また最後の6番目の中年男性は「マスコミが作り上げた偶像だから、むしろそっち側のほうに批判を向けてもいいんじゃないかと思う」と暗にTBSを非難した。

   街頭インタビューは一般市民の声ではあるが、どのような意見をセレクトして放送するかの編集権は番組にある。そこであえてTBS批判の声を2つも紹介したという点に、NEWS23の番組スタッフの「自己批判的な姿勢」もうかがえる。

   これらのTBS批判を受けて、スタジオの膳場貴子アナがどう反応するのか注目されたが、コメントはまったくなし。「では、次です」と、さっさと次のニュースに移ってしまった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中