「ソンナノカンケーネ」6着 それでも小島よしお「GI勝つぞー!」

印刷

   大人気のお笑い芸人・小島よしおさんのギャグを馬名にした「ソンナノカンケーネ」が2007年11月10日、東京競馬場でデビューした。結果は6着だったが、その日の深夜番組に小島さんが出演、海水パンツの中から3枚の馬券を取り出し、「負けちゃったみたいです。けっこう賭けました。あっはっはぁ~~!ヘタこいた~!」と絶叫、ギャグを連発した。

かなりオッパッピーな感じで上がってきた

小島さん、残念な結果にも「そんなの関係ねー!」と絶叫
小島さん、残念な結果にも「そんなの関係ねー!」と絶叫

   「ソンナノカンケーネ」は、東京競馬場の第4レース新馬戦(14頭立て ダート1300メートル)に登場。ゼッケンは「3」。倍率は7.5倍の5番人気だった。スタートしてから第4コーナーを回るまではよかったのだが、最後の直線で勢いが無くなりズルズル後退。結局は6着でゴール。この模様はフジテレビ系深夜の競馬番組「うまなで」で放送した。騎乗した松岡正海騎手は「手応えはあったが、惜しかった」とし、こう語っていた。

「かなりオッパッピーな感じで上がってきたんですけど、ダメだったですね。次はもっといい競馬を見せられると思います」

そして番組では「ある人」からビデオが届いている、と紹介。ビデオには海パン一丁のいつもの小島さんが映っていた。小島さんは、競馬には全く興味が無かったそうだが、結構な金を使って「ソンナノカンケーネ」の馬券3種類を買った。しかし、6着だから馬券は紙くずに変わってしまったわけで、小島さんは、

「ああぁ、はぁ、あっはっはぁ~~!!!ヘタこいた~!」

と絶叫し、お馴染みのリズム音に合わせて動き、ギャグを連発した。

「せっかく買ったけど~ぉ、結局6番手。でもそんなの関係ねー!」
「5番手の馬とは~ぁ、4馬身差~。でもそんなの関係ねー、そんなの関係ねー!」
「小島の『こ』、この馬きっと~。小島の『じ』、GI勝つぞー!。小島の『ま』、松岡騎手頼んだぞー!。でもそんなの関係ねー、でもそんなの関係ねー!サラブレッド・オッパッピー。次は頼む!!」

小島よしお同様にブレイクさせたい。

    「ソンナノカンケーネ」のオーナーが経営する競走馬の育成牧場「加藤ステーブル」の担当者は、今回のレース結果について、

「全員で応援していたのですが、もう少し頑張って欲しかったというか、残念です。ただ、無事にデビュー戦を終えることができて一安心。小島さん同様にブレイクさせたいと思っています」

J-CASTニュースの取材に答えた。「ソンナノカンケーネ」次の出走は調整次第だが、早ければ今回の出走から中一週間置いた07年11月18日の週になる予定だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中