長井さんカメラ「兵士持ち去り説」否定 軍事政権擁護の元ミャンマー大使

印刷

   元ミャンマー大使の山口洋一氏が2007年11月22日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開き、「世界のメディアでは、ミャンマーの実際の状況がゆがめられている」とした上で、「それぞれの国の実情を無視して民主主義を強制すると、かえって混乱する」との持論を展開した。ジャーナリストの長井健司さんが銃撃され死亡した件については「不幸な偶然が重なった結果」とした上で、「(銃撃の瞬間が収録されていると見られる)ソニー製ビデオカメラは、混乱の中で紛失した」とのミャンマー政府の見解を紹介した。

   外国人記者からは、「私がビルマで見てきたことと違う」と、反発の声も挙がった。

   95年から3年にわたってミャンマー大使を務めた山口氏は、世界中のメディアで伝えられている「軍事政権=悪玉、NLD(国民民主連盟、ミャンマーの最大野党)=民主化勢力・善玉」という図式は「実情を反映していない」と主張。

   軍事政権は7つの段階を経て民主化へのプロセスを進めているとして、現状を「踊り場の民主主義」と表現。山口氏は先週ミャンマーを視察してきたばかりで、新首都「ネピドー」も視察したという。上下2院制の国会議事堂や、大統領官邸の建設が進んでいるのを目の当たりにして

「『7段階(のプロセス)を経ての民政移管は本気だな』と感じた」

   と、軍事政権の政策をたたえた。

「カメラはデモの混乱の中で失われた」

山口氏は写真を示しながら「カメラ持ち去り説」を否定した
山口氏は写真を示しながら「カメラ持ち去り説」を否定した

   長井さんの死亡については、

「誠に不幸な偶然が重なった結果」

   とのミャンマー政府の見解を紹介。長井さんが死亡するまで持っていたソニー製のビデオカメラについては

「長井氏が持っていた物品は、24点全て返却した。カメラはデモの混乱の中で失われた」

   と、軍事政権は主張しているとのことだった。一部で、

「ソニー製のカメラは、ミャンマー軍兵士が持ち去った」

   と、現場の映像付きで報じられたことについては、複数の写真を示しながら、

「持ち去るシーンが映っている映像は、長井さんが倒れたのとは別の場所で撮られたものだ。持ち去っていたものは、(ビデオカメラではなく)水筒のようなもので、兵士が持ち去ったのは、それが爆発物だという懸念があったからだ」

   とした。

   ミャンマーと言えば、1990年の総選挙でアウン・サン・スーチー女史が率いるNLDが圧勝したにもかかわらず、軍事政権が政権委譲を拒否したことから、その正当性に疑問を投げかける声も多い。

   山口氏は

「(1990年の選挙が)ミャンマー批判の『アダムとイブ』みたいに、全ての根源になっている」

   との認識を示した上で、ミャンマーが内戦状態にあったことから

「政権委譲していたら、それこそ国が四分五裂してしまって、国が存立しなくなるという大変な危機感を軍事政権が抱いていた。あの時点で(NLDに)政権を渡していたら、ミャンマーという国はなくなっていたかも知れない」

   と、軍事政権を正当化。質疑応答では、

「あんな結果になるなら、選挙をやらない方がよかった」

   とまで述べた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中