吉野家、「テラ豚丼」悪ふざけアルバイト店員を処分

印刷

吉野家の店舗内で豚丼を悪用した動画がアップされ、インターネット上で騒動になっていた問題で、吉野家はこの動画を撮影した者と豚丼を悪用した者をともに西日本地域にある同社店舗アルバイト店員と特定し、処分を決定したことを明らかにした。
この問題は、「メガ牛丼に対抗して、テラ豚丼をやってみた」と題した動画が動画共有サイト「ニコニコ動画」にアップされたのがきっかけ。吉野家の制服を着たスタッフが豚丼の具をこぼれ落ちるほど大量に盛りつけるという内容だったため、「不衛生」「もったいない」などといった批判の声がネット上で上がっていた。吉野家にも苦情の問い合わせがあり、同社は「お詫び」をホームページに掲載し、この動画に関与したスタッフを「厳正に処分をする」と発表していた。同社広報はJ-CASTニュースに対し、「店員から事情を聞いており、すでに処分も決まっている。処分の内容については公表していない」と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中