「映像の再撮」、場所を特定できる技術開発 NHKと三菱電機

印刷

NHK三菱電機は、テレビ画面や映画スクリーンに表示された映像を再度ビデオカメラ等で撮影(再撮)しても、映像を再撮した場所や時刻などを特定できる技術を開発した、と2007年12月5日に発表した。この技術により、近年問題になっているテレビ画面や映画スクリーンを撮影して制作した海賊版ビデオの流通やネットへの不正送信を抑制する効果が期待できるとしている。デジタルシネマ設備を持つ映画館であれば、映画館ごとに個別の透かし情報を埋め込むことが可能で、海賊版がどの映画館で撮影されたかを追跡することができ、ビデオカメラによる再撮防止に効力を発揮するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中