外食チェーン「京樽」も霜降り馬肉偽装

印刷

外食チェーンの「京樽」が、関東地方の8店舗で、油を注入した赤身の馬肉を「霜降り」と表示して販売していたことが分かった。東京、神奈川、千葉、茨城の7和食店と、神奈川県の1回転寿司店で、京樽の社内調査で明らかになった。8店ではすでに、2007年12月14日から販売を停止している。同社では、「霜降り馬肉として一般に流通していると思い、不当な表示だとは思わなかった」と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中