中国製玩具から鉛など検出、23万個を自主回収

印刷

玩具製造卸の丸進玩具(東京・台東区)は2007年12月17日、国内で販売した中国製のプラスチックミニカーなどの玩具16種類、約23万個を自主回収すると発表した。対象は、ミニカーを集めた「あつまれ街の建設車」、吸盤付きのボールを投げて遊ぶ「ペタポンキャッチ」など。これらは、04年1月5日から07年12月3日までに出荷された。検査の結果、玩具のうち4種類に、基準を超える鉛や、生殖機能に悪影響があるとされるフタル酸ビスが使われていたことが分かった。残る12種類は在庫がなく検査ができなかったが、安全が確認できないため回収を決めたとしている。
同社ではこれまで、業界団体「日本玩具協会」の安全基準を満たすかどうか検査をしないまま、適合マークを付けて販売していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中