「初音ミク」楽曲配信巡って大混乱 アーティスト名誤記、作者に了解得ず?

印刷

   歌うバーチャルアイドル「初音ミク」の「着うた」配信を巡り、ネット上で大混乱が起きている。ドワンゴの子会社が初音ミクをJASRACに「アーティスト」として登録したことがわかり、「著作権が発生して気軽に遊べなくなった」と騒ぎになっている。さらに、ドワンゴが「着うた」で配信販売した、「ミク」が歌う楽曲が、製作者の許可を得ていない、というおまけまでついて、混乱を極めている。

ドワンゴ、ニコニコ動画、JASRACへバッシング

制作者は「ニコニコ動画」で「私の許可を得ずに配信されている」と書いている
制作者は「ニコニコ動画」で「私の許可を得ずに配信されている」と書いている

   自作した曲を歌わせることができるボーカルソフト「初音ミク」を開発したクリプトン・フューチャーメディアの公式ブログに、こんな質問コメントが2007年12月17日に書かれた。

「初音ミクの歌がアーティスト:初音ミクとしてJASRACに登録されたようですが、商用で初音ミクの名前は駄目と以前言われていたかと思うのですがそのあたりどうなんでしょうか」

   JASRACの作品データベースで調べると、「アーティスト名 初音ミク」とある。同社の伊藤博之社長が事実を確認、12月19日に「何故JASRACに登録する必要があったんですか?とドワンゴ・ミュージックパブリッシングに抗議をした」と書き込んだ。

   「2ちゃんねる」では、JASRACに「ミク」がアーティスト登録されたことに抗議する形で「祭り」が始まった。

「替え歌アップも不可になるのか?初音ミクをブログに貼っている人たちは、どうなるのか?まさかカスラックが金払えと脅されないだろうな」

などというカキコミとともに、ドワンゴ、ニコニコ動画、JASRACへのバッシングが展開された。

   この「ミク」のアーティスト問題についてはドワンゴ・ミュージックパブリッシングが07年12月19日、ホームページに経過説明を掲載。クリプトンから「作家名+featuring初音ミク」との表記を行うよう依頼を受けていたが、社内連絡の不徹底からアーティスト名を「初音ミク」として登録申請してしまった、としてお詫びした。

   JASRAC広報はJ-CASTニュースの取材に対し、

「ネットで騒ぎになっているのは知っているが、実は簡単な話で、登録名を間違っただけ。修正の依頼が来ていますので、07年12月21日にもアーティスト名は変更されます」

と話した。

   しかし、今回のJASRAC騒動から派生して、別の「疑惑」が噴出。簡単な話では済みそうにない様相なのだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中