朝日・読売・日経の共同サイト 1月末に「プレ・オープン」

印刷

   新聞各社が、紙媒体だけでなくウェブサイトでも読者獲得にしのぎを削る中、産経・毎日はサイトをリニューアルし、朝日読売日経は共同ポータルサイト構想を発表するなど、各社の方向性の違いが明らかになっている。そんな中、これまであまり明らかになってこなかった「3社連合」のサイトの内容の一端が、明らかになった。

3社の主要記事や社説を読み比べ

「3社連合」の一端が明らかになった(写真は3社共同会見)
「3社連合」の一端が明らかになった(写真は3社共同会見)

   「3社連合」が注目された発端は、「週刊ダイヤモンド」2007年9月22日号に掲載された「新聞没落」というタイトルで大特集。同誌では、朝日・日経・読売の新聞3社による共同ポータルサイトを立ち上げる構想があることを報じ、プロジェクト名は、3社の頭文字を取って「ANY(エニー)」だと報じた。

   この記事は業界に波紋をもたらしたが、3社は10月1日に共同記者会見を開いて、構想を正式発表。共同ポータルサイトを08年初めにオープンすることを明らかにした。

   会見での発表によると、当初予定されているコンテンツでは、各社の主要記事や社説を読み比べができるようになるといい、さらにポータルサイトから「アサヒ・コム」などの各社サイトにリンクを張り、ユーザーを誘導する仕組みにする。

   11月30日には、3社は新サイトの運営主体として、民法上の任意組合「日経・朝日・読売インターネット事業組合」を設立、所在地は日経東京本社内で、事業組合の理事長には、日経の子会社「日本経済新聞デジタルメディア」の長田公平社長が就任した。事業費は数億円規模で、3社が均等に負担する。

   だが、これまで明らかになっている内容だけでは、いまいち新サイトのイメージがつかみにくいのも事実だ。だが、もう少し詳しい内容が分かってきた。

新サイト名は「ANY」ではない

   関係者によると、サイトのオープン時期については1月末ぐらいに「プレ・オープン」、春にかけて本格展開する。コンセプトは「比べる新聞」だそうで、共通サイトの中では1面、社会面、社説を比較できる。ただ、詳しい記事内容は各社のサイトで、という形だ、という。これによって、3社の独自サイトのアクセス増、ひいては新聞本体の購読増加につなげたいとしている。

   また、新サイト名称については「ANY」「エニー」は、すでに商標登録されていて使えず、ほかの名称になる予定だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中