ソニー、リアプロTVから撤退

印刷

ソニーがリアプロジェクションテレビ事業から撤退することが、2007年12月27日に明らかになった。08年2月をメドに製造を停止する見通し。リアプロジェクションテレビは映像をスクリーン背後から投射する方式で、液晶テレビやプラズマテレビに比べ安価なのが特徴。市場が縮小していることから、今後ソニーは液晶と有機ELに専念する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中