「弁護士と市民の立場から情報発信」 新市民メディアが設立集会

印刷

   「JANJAN」「オーマイニュース」などの「市民メディア」が多く立ち上がる中、今度は「弁護士が自分で記事を書く市民メディア」が発足した。普段、マスメディアが報じない情報を積極的に発信していきたい考えだ。

   オープンしたのは「News for the People in Japan(NPJ)」と呼ばれるサイト。08年1月17日、同サイトを運営する「ピープルズプレス (PEOPLE’S PRESS)」が都内で設立集会を開いた。
   代表の梓澤和幸(あずさわ・かずゆき)弁護士

「生活者の目で、弁護士と市民の立場から情報を伝えていきたい」

とあいさつ。

「書き手には『私』にこだわってほしい」と吉岡忍氏

吉岡忍氏が記念講演を行った
吉岡忍氏が記念講演を行った

   作家の吉岡忍氏が記念講演を行い、既存のマスメディアについて

「『この出来事について知りたい!』という動きがマスメディアから大きく減少しているのではないか」
「(書き手が)『自分に問いを返す』という視点がない」

などと危機感を表明する一方で、「新メディア」に対しては

「多様であることが民主主義の根幹。書き手には『私』にこだわってほしい」

とエールを送った。
   最後に参加者で企画案を出し合い、「市民メディアで何ができるか」について話し合った。

   サイトはすでに07年11月にオープンし、「平和・戦争責任」「労働」「消費者」といった12のテーマ別に、事件の担当弁護士が裁判の背景を紹介する「訴訟日誌」や、伊豆諸島・小笠原諸島での弁護士活動をつづる「島弁日記」などが定期的に更新されている。既存メディアの仕組みを読み解く「メディアリテラシー」にも取り組む。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中