「百度」日本語版が本格スタート 「わいせつ検索」威力は健在

印刷

   「検索の新時代の幕開けです」――こんなアナウンスで始まったのは、中国の検索エンジン「百度(Baidu)」日本語版の本格サービス開始の記者会見だ。「百度」は2007年3月からβ版サービスをすでに開始しているが、その時は画像検索で「わいせつ画像」が大量にヒットすることが国内ネットユーザーのあいだで話題になった。本格展開が始まっても、その「威力」は健在のようだ。

   中国の検索最大手・百度は2008年1月23日、日本語版サービス「Baidu.jp」を本格展開すると発表した。日本語版サービスは、β版として07年3月から展開されていたが、同日から「ウェブ検索」「画像検索」「動画検索」に加え、新たに「ブログ検索」機能を追加した。
   さらに、β版では中国版と同様、トップページは検索窓だけの画面だったが、日本人の嗜好に合わせて、キーワード、画像、動画、ブログのランキングを表示している。

   日本では、ヤフー(Yahoo!)グーグル(Google)が検索エンジンにおいて圧倒的なシェアを誇っているが、世界3位の百度は「世界最高峰」(同社)の検索技術・高速なトラフィック処理能力をアピールして、日本市場に乗り込む構えだ。
   百度総裁兼CEOのロビン・リー氏はこの日行われた会見の中で、「百度に対する誤解がある」とした上で、

「著作権に問題があるから成長したという誤解があるが、中国でも著作権の訴訟はあり、我々は著作権を守っている。我々は不正にリンクが張られたら、すぐに外す」

などと主張。

07年10月にフィルタリング機能を追加

この日会見に出席した百度の役員一同
この日会見に出席した百度の役員一同

   「商業主義」との「誤解」についても、「中国で75%のトラフィックシェアを獲得したのはユーザーをサポートしているから」とし、あくまでユーザーのニーズに沿った運営をしていることから成長した、と述べている。日本語版についても、「2010年まで、日本での収入はいらないという考え」「あくまでユーザーベース」(舛田淳取締役)としており、まずは日本国内ユーザーのニーズや評価を推し量りながらサービスを拡充し、2010年から広告ビジネスを本格展開する構えだ。

   07年3月の「百度」β版スタート時には、「画像検索」に、不適切な検索結果を制限するフィルタリング機能がついていなかったため、「わいせつ画像」などの画像がたやすく検索できる状態だった。そのため、日本のネットユーザーのあいだでは「エロユーザ狙いか」「すごい」といった声が上がり、「わいせつ画像」検索の「威力」について大きな話題になった。

   その後、同社は07年10月にフィルタリング機能を追加したが、「ヤフー」、「グーグル」がデフォルト(初期設定)の状態でフィルタリングが設定されているのに対し、現在の「百度」の「画像検索」「動画検索」でも、デフォルトの状態でフィルタリングが設定されていないまま。同サービスの検索エンジンの技術の高さとあいまって、高速で「わいせつ画像」がヒットしてしまう有様だ。

   同社の広報担当者は、J-CASTニュースに対し、「フィルタリング機能を付けているので、オンにするかオフにするかはユーザーの判断」と説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中