モバゲー、トップ画面に「検索窓」設置

印刷

   ディー・エヌ・エー(DeNA)が運営する携帯サイト「モバゲータウン」は2008年2月5日、トップ画面をリニューアルした。新たに「検索窓」を設けて、ユーザーが検索サービスを利用しやすいようにした。
   トップページの「モバゲーTOWN」のロゴとバナー広告のすぐ下に検索窓を追加し、手軽にケータイ検索ができるようにした。モバゲータウンは2007年10月から自社開発の検索エンジンを使ったサービスを提供しているが、これまではトップ画面に検索窓がなかったため、利用しにくかった。
   また、最新ニュースの見出しを検索窓の下に表示にするようにして、ニュースにアクセスしやすいようにした。
   モバゲーはもともと、ゲーム&SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の携帯サイトとしてスタートしたが、会員数の増大に伴い、総合ポータルサイトへの志向を強めている。今回の「検索窓の設置」や「ニュースの強化」も、総合ポータル化の一環といえる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中