密封状態の袋から「メタミドホス」検出 農薬ギョーザ

印刷

   兵庫県警は2008年2月7日、大阪府枚方市のスーパーから回収された未開封のギョーザのうち2袋から、新たに有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出された、と発表した。そのうち1袋は、包装袋の内側と外側から検出されたが、袋は完全な密封状態だった。農薬成分が袋を通り抜けることは考えにくいことから、毒物が袋詰めの前の段階で混入した可能性がきわめて高くなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中