あのケータイ小説読んで号泣 山本モナ「若さ」アピール

印刷

   「筑紫哲也NEWS23」(TBS系)のアナウンサーもかつて務め、現在タレントとしても活躍中の山本モナさんがブログで「若さをアピール」した。

   10代の女子中高生たちを中心に一大ブームとなったケータイ小説「恋空」を「遅ればせながら」読み「後半、号泣しました」「せつないねぇ・・・」とつづっている。2008年2月10日の更新で報告した。

   「恋空」は07年11月末には上下巻合わせ195万部を突破した人気小説だ。同時期にガッキーこと新垣結衣さん主演の映画も公開され大ヒットした。主人公の女子高生がレイプや流産、恋人との悲しい別れを経験するなど波乱の青春を描いている。

   J-CASTのモノウォッチでは「30歳以上は関係ねぇ!? 『恋空』が大ヒットしたワケ」(07年12月12日)を配信した。記事中では、「恋空」映画について、映画ライターの渡まち子さんが「リアリティが全く感じられない」として「感動できるかどうかの境目は、人生経験があるかないか。ずばり年齢でしょう」と解説していた。

   現在、ビートたけしさん率いる「オフィス北野」所属のモナさんは、ブログ更新の翌11日に32歳の誕生日を迎えた。06年秋に民主党衆院議員との「不倫キス」を写真週刊誌に掲載され一時は活躍の場が減ったが、近頃ではバラエティ番組で「復活」している。女子アナ時代とは違った「ひょうきんぶり」も発揮するなどタレントとして「開眼中」とも評される。

   それだけに「人生経験」はなかなかのものがありそうだが、「恋空」を読んで号泣できる「女子中高生」ばりの「瑞々しい感性」も保持し続けているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中