つんく 「皮が食べたくなる」手製ギョーザに挑戦

印刷

   「毒ギョーザ」問題が連日報道される中、そんなことは気にせず餃子を食べたいと思っている人は意外に多い。モーニング娘。のプロデューサーとして知られる「つんく♂」さんも、その一人である。

   「つんく♂」さんは2008年2月23日、「ギョーザギョーザ・・・」と題したブログを更新した。手作り人気で、スーパーでは餃子の皮が売りきれになっていたこともあって、「皮から作りたくなるんです!」。

「とは言え、やっぱ、あのうす~いのは難しいです。
なので、逆の発想で、皮自体を食べたくなるように、
皮に味をつけてみました。」
「小麦粉を溶く水を出汁にして、
さらに小麦粉にも海老粉を入れてよく練るんです。」

   こうして「手製のギョーザ」が完成。「味がじゅわ~と出てくるんですよ」。おいしそうな餃子の写真も掲載されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中