頑固オヤジに一喝された「ほっしゃん。」 ささやかな「逆襲」とは?

印刷

   お笑いの「ほっしゃん。」が「初めて入った店」で「頑固オヤジ」と遭遇してしまったようだ。頑固オヤジの一喝をとりあえず乗り越え、その後ささやかな「逆襲」を試みたようだ。2008年2月27日更新のブログで報告している。

   ほっしゃんが「別に普通に会話してただけなのに」、「店の大将」から「『食うかしゃべるかどっちかにしやがれ!』と一喝」された。

   ほっしゃんは「『すいません』と素直に謝って」「食わずにしゃべりました」。

   二者択一で行動を絞り込んだこと自体は、頑固オヤジの「指令」に従った形ではあるが、「しゃべる」方を選んだことは、頑固オヤジの目にはかなり「反抗的」態度に映ったのではないだろうか。こっちがヒヤヒヤしてくる。

   結局どうしたのかは、ブログの題から推察できる。「塩をまかれる前に退散」。

   それでもほっしゃんは腹に据えかねた部分があったのか、飼っているインドオオコノハズクの「協力」を得て「反撃」している。ブログに掲載された写真を見ると、コノハズクの頭の上に白い輪が……。写真の説明には「ねじりはちまきで『てやんでぃ、こちとらインドっ子でぃ!』」とある。「初めて入った店」について具体的記述はないが、なんとなく何の店か分かる気がする。ちなみに写真のコノハズクは「頑固」そうには見えず、かわいらしい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中