アンタッチャブル柴田 ブログ復帰も2日目で中断のワケ

印刷

   「急性肝炎」で休養していた お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣さんが2008年3月1日、約3ヶ月ぶりにブログを更新した。テンポのいい一人ツッコミを交えた文章は健在だが、復帰2日目にして、すでにブログの一時中断を発表している。

   3月2日に更新された「悲劇」と題したブログによると、「よっしゃ今日からまたブログの復活だ やってやろーじゃねーか!!」と気合十分だった。しかし、トラブル発生。

「胸躍らせパソコンを開く。
そして絶句。
俺はもう32歳だから、少々の事じゃあ驚かないよ。
そんな俺が驚いた」

   なんと、「キーボードの3分の1が無い」のだ。2歳を超えた子供に剥がされてしまったという。ブログには、この時の様子がテンポよく綴られている。

   そういうわけで、「パソコンを修理に出さなければいけません。したがってまたしばらくブログが出来ません」とのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中