倖田來未に対抗? つんくが妹misonoを「命名」

印刷

   歌手で音楽プロデューサーの「つんく♂」さんが、歌手misonoさん(23)に「似合うキャッチフレーズ」をブログで明かした。

   姉の歌手倖田來未さん(25)が「エロカッコイイ」というキャッチフレーズであることに触れ、misonoさんについては、色気というより「『エロ気が出てきた』という感じです」と書いた。さらにmisonoさんについて、テレビなどでは「がんばって元気にしてますが」「近づくと何をエロいエロい」とも。「顔がおぼこいから余計にエロっぽいのかもしれませんね」と分析している。

   2008年3月17日の更新だ。素人目には姉のキャッチフレーズとの差別化が不十分にも見える。しかし、misonoさん本人は喜んでいた。ブログを読んだようで「ありがとうございます!ワーイワーイ!」と18日のブログに書いていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中