ガーターベルトまで登場 女性誌の付録競争エスカレート

印刷

   付録に「ガーターベルト」の付いた女性誌「LOVE FASHION! JO」が発売された。前代未聞のセクシーな下着の付録が話題となり、発売日当日には「mixi」のキーワードランキングで2位に躍り出た。女性誌の「付録戦争」、エスカレートする一方だ。

   このガーターベルトは黒いレースの「魔性系」で、ギャル系ファッションブランド「EGOIST」とのコラボレーションで生まれた。山崎みしえる編集長は、女性誌の付録の約半数がバッグやポーチなどの袋物で、差別化を図るためにガーターベルトを選んだという。また、「男性も購入したと聞いている。今後も自分で買うには抵抗感のあるような、ちょっと大人めのグッズを付録にしたい」と話している。

   女性向けのマーケティング事業を手掛けるディーティーエルジェイが2008年3月13日に創刊。読者層は10代後半から20代前半に設定している。楽しむことに貪欲で、自己主張のできる女性「強め大人ギャル」を提案する。

付録だけで数千円するものもある

   女性誌の付録は、ブランドとコラボレーションしたポーチやバッグ、プチゴージャスなアクセサリー、化粧品のサンプルなどが定番だ。なかには、折り畳み傘やビーチサンダルといった雑誌の付録とは思えないようなものもある。日本雑誌協会(JMPA)によると、女性誌を中心に豪華な付録が登場したのは5、6年前からだという。低迷する雑誌の売れ行きを回復させようと、出版社が試行錯誤して目玉となる付録を生み出している様子が伺える。

   一方で、一度付録を付けたら、続けなければ売れないと、頭を抱える出版社も少なくない。JMPAの関係者は、「付録戦争はエスカレートする一方だ。なかには付録だけで数千円するものもあり、コスト面で厳しい。付録をつけなくなった途端に雑誌が売れなくなり、廃刊になるというケースもある」という。出版社の体力勝負と言えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中