新社会人「入社の会社でずっと働きたい」が53%。キリンホールディングス調べ

印刷

   キリンホールディングスが、2008年春に社会人になった普段お酒を飲む男女を対象にインターネット調査したところ、「入社が決まっている会社でずっと働きたい」(複数回答)が53%とトップで、05年と比較すると、18ポイントの大幅増になった。

   05年に1位だった「仮に転職しても自分のやりたい仕事をしたい」(同)は33%で3位だった。 「どの位まで出世したい?」(単一回答)では、「専門職としてエキスパートを目指す」が24%で最多。「管理職クラス」も22%で05年と比べ上昇していて、入社した会社で確実に地位を向上させたいとする現状肯定の傾向が見られた。

   また、憧れのビジネスマンとビジネスウーマンは、マイクロソフトコーポレーションのビル ゲイツ会長と、ピーチ・ジョンの野口美佳社長がトップだった。

   アンケートは全国20歳以上の男女を対象に、調査期間は2008年2月28日~3月20日。有効回答数は843(男性263人、女性580人)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中