07年度の協調融資、三井住友銀行が首位に

印刷

   2007年度の協調融資(シンジケートローン)の国内取引金額で三井住友銀行が初めて首位になったことが、金融情報のトムソンファイナンシャルの調べでわかった。シンジケートローンは複数の金融機関が同じ条件で資金を用立てる協調融資で、07年度に三井住友銀行がアレンジャーとなって組成(とりまとめ)した金額は約8兆484億円。06年度首位だった、みずほフィナンシャルグループが7兆5859億円で第2位。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は5兆8813億円で第3位だった。取り扱い件数ではMUFGが713件、三井住友銀行が687件、みずほFGが617件だった。

   07年度の協調融資市場の総取引金額は約25兆5000億円、2065件で、1998年に調査を開始以来初めて、組成金額、件数ともに前年比で減少した。景気の後退感で企業の資金需要も停滞ぎみなこと、また案件が小口化してきたことで、外資系金融機関の「出番」が減ってきた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中