長野聖火リレー 第1走者は星野さん 後続は発表せず

印刷

   北京五輪聖火リレーの長野市実行委員会は2008年4月23日、長野市内で26日に行われる聖火リレーの第1走者を野球日本代表監督の星野仙一さん(61)が務めると発表した。星野さん以外の走者の順番は、警備上の理由から公表しなかった。第1走者は、リレー開始を告げる大役と判断し、本人の承諾を得たという。

   長野県勤労者福祉センター跡地に変更された出発式会場は、安全確保のため一般観客の入場を禁止した。若里公園の到着式会場も、フェンスで仕切り一般観客は聖火に近づけないようにした。走行中は数十人の警察官らが囲んで警備する。

    同市実行委推薦走者の残り1枠は、女子マラソン五輪2連覇を目指す野口みずき選手(29)に決まった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中