聖火リレーの星野仙一さん「あんな警備は必要ない」

印刷

   長野市内で2008年4月26日に行われる北京五輪の聖火リレーで、第1走者を務める野球日本代表監督の星野仙一さん(61)は24日、日本テレビのニュース番組に出演して思いを語った。そこで、星野さんは、約3000人の警察官らによる厳重な警備については、「あんな警備は必要ない。五輪、スポーツを愛する人と楽しく走りたい」と打ち明けた。

   また、チベット問題で中国への批判が高まっている中でリレーに参加することについて、「私は野球人の代表として走る。走るからといって中国支持ではないし、走らないからといってチベット支持ではない」と話した。一方、「こういうことが起きるということは大国・中国にも何かあるのでは」と懸念も明らかにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中