柳原可奈子告白 電車の中でギャルの会話盗み聞き

印刷

   ギャルのネタで人気のお笑い芸人、柳原可奈子さんは2008年4月29日放送のフジテレビ系「ごきげんよう」に出演した。電車の中でヘッドフォンを付けて音楽を聴いているふりをして、他人の会話を盗み聞きするのが趣味だと告白した。

   ある日、柳原さんが山手線に乗っていると、乗ってきたギャル2人のこんな会話が飛び込んでいた。

「東京のハトってずうずうしくねぇ?」

   柳原さんはすかさず、「ハトがずうずうしいって、どういうこと?」と、聞き耳を立てた。

「完全に」のぶっとんだ使い方とは

   ところが、もう一人のギャルが「東京のハハって・・・」と、「ハト」を「ハハ」と噛んでしまい、占いの「新宿の母」や「原宿の母」の話にすり替わってしまった。

「おいおい、ハトの話は・・・」

   2人は電車を降り、結局、続きを聞けなかった。ギャルの会話のぶっとび様には、柳原さんも驚く。

   ある時には、こんな会話も気になった。

   友達が持っているバッグを見たギャルが、

「完全に欲しい」

と言っていた。

   「本当に欲しい」という意味のようだ。

   柳原さんはすかさず、携帯にメモを保存。

   近々、「完全に欲しくねぇ?」というネタが聞けそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中