アンタッチャブル柴田 「りんりん」に最後の報告

印刷

   お笑いコンビアンタッチャブルの柴田英嗣さんが2008年5月1日に更新したブログで、先日亡くなってしまった上野動物園のパンダ・りんりんに「会って来ました」と報告している。

   動物好きの柴田さんは、以前からブログにも「動物園」の話を書いていた。りんりんの死を聞いたときもひどく気にしていた様子で、「上野動物園行って、手を合わせたいと思います」と宣言していた。

   実際に上野動物園に行ってみたところ、りんりんは「皆からのお花やメッセージに囲まれて、幸せそう」だったそうだ。そして、遺影の前で柴田さんは、こんな「会話」をしたという。

「ブログの話をしたら、少なくとも芸人らんきんぐで1位になるくらいじゃなきゃ駄目だろ、なんて言われましたよ」

   せつない気持ちだったものの、「よし又明日から気合いのブログ書いて1位目指すぜ」と、気持ちを切り替えているようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中