アンタッチャブル柴田 芸人の「宿命」に苛立つ

印刷

   お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さんは、プライベートでも面白い話を求められるという芸人ならではの「宿命」に、苛立つ瞬間がある。2008年5月14日に更新したブログにこう書いている。

「芸人やってると、いきなり友達に、
『ちょっとなんか面白い話してよ』なんて言われたりすんだよねー」

これは、「もはや仕事の依頼だ」と主張する。

「警察官の友人に『ちょっとなんか捕まえてみてよ』とか
アメフトの友人に『ちょっとタッチダウンしてみてよ』とか
宇宙飛行士の友人に『ちょっと宇宙いってみてよ』
とか言ってるのと変わんないからね」

しかし、柴田さんは「一応友達だし」と、面白い話をする。

「そしたらそしたで、
『ぜってー嘘だよ!!』だって」
「こっちはプライベートなのに仕事モード入れてんだぞ。
なめんなよコノヤロー」

挙句の果てに、

「いーなぁこれでお金もらってるんでしょ」

と、言われる始末だ。

「お前から頂こうなんておもっちゃいねーよ」
「絶交だよ!!」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中