アンタッチャブル柴田 芸人の「宿命」に苛立つ

印刷

   お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さんは、プライベートでも面白い話を求められるという芸人ならではの「宿命」に、苛立つ瞬間がある。2008年5月14日に更新したブログにこう書いている。

「芸人やってると、いきなり友達に、
『ちょっとなんか面白い話してよ』なんて言われたりすんだよねー」

これは、「もはや仕事の依頼だ」と主張する。

「警察官の友人に『ちょっとなんか捕まえてみてよ』とか
アメフトの友人に『ちょっとタッチダウンしてみてよ』とか
宇宙飛行士の友人に『ちょっと宇宙いってみてよ』
とか言ってるのと変わんないからね」

しかし、柴田さんは「一応友達だし」と、面白い話をする。

「そしたらそしたで、
『ぜってー嘘だよ!!』だって」
「こっちはプライベートなのに仕事モード入れてんだぞ。
なめんなよコノヤロー」

挙句の果てに、

「いーなぁこれでお金もらってるんでしょ」

と、言われる始末だ。

「お前から頂こうなんておもっちゃいねーよ」
「絶交だよ!!」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中