携帯販売店とネットカフェ対象 広島市が有害サイト制限義務化

印刷

   広島市は、18歳未満の未成年者が利用する携帯電話やパソコンに、有害サイトの閲覧を制限する「フィルタリング」機能をつけることを2008年7月から義務付ける。携帯電話会社や都道府県で自主的に取り組む例はあるが、広島市によると、義務化に踏み切ったのは「全国で初めてではないか」という。

未成年者に「フィルタリング」機能をつけることを義務付けた広島市
未成年者に「フィルタリング」機能をつけることを義務付けた広島市

   対象となるのは、携帯電話販売店とインターネットカフェだ。

   広島市青年育成部の担当者によると、「これまでも携帯電話販売店が保護者の了解を得てフィルタリング設定していたこともあり、販売店には特に困惑した様子はない」という。 一方、インターネットカフェには、18歳未満にはアクセス制限したパソコンを貸し出すなどの対策が義務付けられる。パソコン用のフィルタリングソフトは有料で、店側からは不満が寄せられている。

条例には罰則も設けられている

   青年育成部の担当者は、「事業者にも協力してほしい」と説明し、費用の負担はしない方針だ。6月には関連の会社を対象にした説明会を行う。

   また、この条例には罰則も設けられている。違反した事業者には、立ち入り調査をして指導、勧告をする。それでも改めない場合には、事業者名を公表する。

   「青少年と電子メディアとの健全な関係づくりに関する条例」は、3月に可決された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中