オタク情報の総合誌『メカビ』が休刊

印刷

   講談社の発行するサブカルチャー情報誌『メカビ』が休刊することになった。編集長の松下友一さんが綴った2008年6月3日付けの「メカビ編集室Blog」でわかった。

   ブログでは、「急なお知らせで恐縮ですが、『メカビ』は休止することになりました。季刊化を宣言し、たくさんの方にご協力、ご助力を頂いている最中でしたので、担当者としても慚愧に堪えません」と発表している。

   この件に関して講談社広報はJ-CASTニュースの取材に対し、「ブログの通りです」とだけ話した。

   『メカビ』はオタク文化にスポットをあてた「オタク情報総合誌」。アニメやゲーム等に関する批評や時評、インタビュー、小説などが掲載された。06年6月に創刊し、07年秋からは季刊に。07年12月に発売された、通算4号目となる『メカビ2008年冬号』が最後となった。「Vol.1」に掲載された麻生太郎氏、養老孟司氏へのインタビューは話題を呼んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中