週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか

印刷

   小学館を訴えた週刊少年サンデー連載の漫画家が、訴状や陳述書まで自らのブログで公開している。「漫画家をバカにするな」との思いからという。ほかにも苦言を呈する漫画家が続出しており、小学館は困惑している様子だ。

「編集者、出版社が漫画家を馬鹿にし始めた」

訴状や陳述書まで公開した雷句誠さんのブログ
訴状や陳述書まで公開した雷句誠さんのブログ
「裁判が始まったら、粛々と対応するしかありません」

   週刊少年サンデーを発行している小学館の広報室では、今回の訴訟騒ぎについて、J-CASTニュースの取材にこう答えた。編集者らの実名がある訴状や陳述書までブログで公開されたことについては、「こういうのは珍しいですよね」とこぼすだけだった。

   訴訟を起こしたのは、サンデーに2001年1月から07年12月まで「金色のガッシュ!!」を連載した雷句誠さん。訴状などによると、小学館はガッシュのカラー原稿5枚を紛失し、その賠償金などを50万円とした。しかし、芸術品としての価値をネットオークションの落札額などをもとに考えると、330万円が相当だとして損害賠償を求めている。

   一方、訴訟まで起こしたのは、動機があるとした。陳述書によると、それは、「あまりにも編集者、出版社と言う物が漫画家を馬鹿にし始めた」ことだという。この中で、雷句さんは、小学館の編集者らは、漫画家を対等とみなさず、けんか腰であり道具扱いすることがたびたびあったとしている。さらに、編集者らは、資料を集めたり、ネタを考えたり、十分な仕事をしてくれなかったと訴えている。

   雷句さんは、08年5月21日付日記で、サンデーや小学館の仕事はしないと告白して話題になっていた。その理由が今回の提訴で分かった形だ。6月8日の日記によると、400通近い応援メールが届いているという。

   この告白と前後して、漫画家が次々にブログで苦言を呈している。サンデーに08年1月まで「ワイルドライフ」を連載していた藤崎聖人さんは、3月のブログ日記で、努力して描いてきたことを喜びながらも、「5年間ワイルドライフを描いてきて ぶっちゃけ心の底から"よかった"と思ったことなど ひとっつもないくらい、忘れたいくらい いい思い出のない作品」と漏らした。藤崎さんは現在、小学館のビッグコミックスピリッツで別の作品を連載している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中