「羞恥心」上地 1番聞かれる質問とは

印刷

   人気絶好調のユニット「羞恥心」メンバーの上地雄輔さんと言えば、野球部に所属していた横浜高校時代、現在はボストン・レッドソックスで活躍する松坂大輔投手のキャッチャーを務めていたことで知られている。野球をやめた理由について2008年6月26日のブログに書いている。

「オイラが今まで人生で1番聞かれる質問。
☆なんで野球やめたの?☆」

上地さんは野球部時代を振り返ると、全国から選手が集まるチームの中で、ズバ抜けて肩が強いワケでもなく、メチャクチャ打つワケでもなく、物凄く足が速いワケでもなかったという。しかし「なんか持ってる」と監督に言われて、背番号「2」をもらえた。

   そんな大好きな野球をやめた理由については、

「ただ好きだからってだけで6才から始めた野球をあの時、背番号『2』をもらった時『ホッ』とした自分に絶望した」

と書いている。加えて、バイトのつもりで入った芸能界で、ドラマがたまたま決まったというタイミングもあった。

   一方、肩を壊したことが原因とも言われているが、

「よく周りの人や記事には『怪我をしたから』て言われるけど、
そんな格好いいもんじゃない」

と否定している。

   野球部時代には、「恩返ししなきゃ」「~の為に」「~しなきゃ」という気持ちが、野球が「好き」を上回っていたというが、

「今『誰かの為に』より『好き』が勝ってる」

スパッとやめたことに悔いはなさそうだ。

   「羞恥心」は、新曲「泣かないで」のリリースイベントを25日に行い、大阪、名古屋、川崎で合計2万4000人の観客を動員した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中