上原さくら ガソリン180円台「痛すぎる現実です」

印刷

   ガソリンの店頭価格180円台に突入が話題になる中、タレントの上原さくらさんも頭をかかえている。2008年7月1日のブログのタイトルは、「ガソリン高っっ!満タンでまさかの1万円超え!」。「痛すぎる現実です」とあえいでいる。

   ドライブが大好きだという上原さん。鎌倉方面の海へドライブする場合、ガソリン代だけでも5000円かかるのだそう。週に2日は行きたいと意気込んでいるものの、これでは高い。

   そこで上原さんはこんな「エコアイデア」を提案。「やっすいサラダ油とかで走んないかなぁ?」「使い古しの天ぷら油をもらって来る、とか!」。さらに、スケボーでいくという手段も考えもあるが、「海までは行けないだろうな……」と悲観していた。

   ちなみに、ガソリン代の高さにはコメント欄でもみんな同感といった様子。燃費の良い自動車に買い換えては、という意見がある一方、電車や自転車に乗ってみては、という提案もあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中