アンタッチャブル柴田 誕生日に起きた「奇跡」

印刷

   2008年7月15日に33回目の誕生日を迎えた、お笑いコンビアンタッチャブルの柴田英嗣さんが翌日のブログで、誕生日に「奇跡」が起きたと紹介している。

   「今回の誕生日は辛かったなー」。というのも、北海道の山奥で「虫と戯れる」というロケがあった。しかも、昆虫が苦手だというのに。「虫に囲まれるなら、不良に囲まれる方がまだいいわ」と、おどけているくらいだ。

   そんな中、虫を追っかけていたときには、尻もちまでついてしまう始末。地面は濡れていたらしく、パンツまで染みてるなと考えていた折、「奇跡」は起きた。

「四つ葉のクローバーじゃねーかぁぁぁぁーーー!!!!」

   人生ではじめて、四つ葉のクローバーを見つけたというのだ。あまりの感動に、柴田さんらしいテンポのよい記述が続く。

「うわー!嬉しー!何?なんで?何でこんな所にいらしゃる?
いや実は俺ね、四つ葉のクローバー、生で観んの初なのよ。
ましてや、自分で見っけるなんて、超感動!!」

   どうやら、33歳は幸先のよいスタートをきったみたいだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中