「人を投す」「埼京線の上野駅」 悪ふざけ「殺害予告」が横行

印刷

   ネット上に殺害予告をして逮捕されてしまうケースが相次ぐなか、直接「殺す」といった表現を使わない「変化球」のような、「犯行予告らしきもの」も相次いでいる。「犯行予告通報サイト」でも、どう扱うべきか困惑気味な議論が展開されているが、サイトの管理人は「他人に迷惑がかかる『微妙な行為』をすること自体が許されない」と訴えている。

「悪ふざけ」という弁解は通じない

「埼京線の止野駅で小女子を焼き投す」との書き込みも登場
「埼京線の止野駅で小女子を焼き投す」との書き込みも登場

   ここ1か月を振り返るだけでも、ネット上に奇妙な「犯行予告」らしきものが相次いでいる。

   例えば、7月1日には、名古屋市北区の会社員の少年(18)が、2ちゃんねるに「明日、名古屋駅で無差別に人を投します」と書き込んだとして逮捕された。少年は「単に、『殺す』だと面白くないので、字の似た『投』にした」などと供述したという。

   7月14日には、「今日の午後9時に、埼京線の上野駅で人を殺しまくります!」と書き込んだ板橋区在住の無職男(32)が逮捕されている。男は、「埼京線には上野駅が存在しないので、犯罪にはならないと思った」と主張。

   さらに、7月16日には、千葉県船橋市の無職男(23)が、自身の卒業した小学校を名指しして「小学校で小女子を焼き殺す」と書き込んで逮捕されている。男は調べに対して、「『小女子』は『コウナゴ』と読み、魚の意味だ」と独自の論理を展開し、容疑を否認したという。

   いずれのケースも、逮捕容疑は「威力業務妨害」や「偽計業務妨害」だ。前者は暴力的な表現を用いて業務を妨害すること、後者は嘘の情報で業務を妨害することを指す。具体的には、警察や小学校に警戒態勢をとらせ、本来の業務を妨害した疑いでの逮捕だ。この傾向を見る限り、「実際に犯行を行うかどうかに関係なく、犯行予告で誰かに労力を使わせた」ことが逮捕の理由になっている模様だ。

   このような逮捕事例が相次いでいるにもかかわらず、「模倣犯」は後を絶たない。例えば7月16日夜には、2ちゃんねるの「ニュース速報(VIP)」と呼ばれる掲示板には、

「埼京線の止野駅で小女子を焼き投す」

というタイトルのスレッドが立ち、スレッドの本文には、こう書き込まれた。

「チャッカマンを使って、こんがり焼けてきたらたら(原文ママ)ダガーナイフ使います」

   これまでの事件や犯行予告の、あらゆる要素が盛り込まれた「犯行予告」だと言えそうだ。

「『セーフかアウトか?』を試す予告は不謹慎」

   ネット上の犯行予告を収集し、場合によっては警察に通報もしているサイト「予告.in」では、この悪ふざけとも思える書き込みについて、通報すべきか、単なる冗談として無視すべきが議論するスレッドが立てられており、賛否が分かれている。

   もっとも、同サイトには、通報対象として取りざたされた書き込みについて「悪質だと思う」「セーフだと思う」の2択で投票できる仕組みがあり、「セーフ」が85票に対して「悪質」が396票。通報すべきかどうかはともかく、サイト利用者には、相当な嫌悪感を持って受け止められていることがうかがえる。

   同サイト管理人の矢野さとるさんは、こういった「微妙な犯行予告」が相次いでいる現状に憤る。

   「秋葉原や八王子の事件など無差別殺人事件が頻発するなか、『セーフかアウトか?』を試すような、紛らわしい予告をする事自体が不謹慎。ネット上での言葉遊びの文化は理解しますが、それはもっと楽しい方向に使われるべき。他人や弱者に迷惑をかけてしまうような『微妙な行為』をする人たちは許せません。2ちゃんねる用語で言うと、本当に『自重してほしい』と思います」

   その上で、自分の書き込みが意図せずに「犯行予告」に読める文面になってしまった場合は、「スレッドで弁解しても意味はないので、警察に相談すべき」とアドバイスしている。

「警察に伝わったからといって、よっぽど悪質なケースでない限り、即逮捕ということはありません。本人から事情を説明し、犯意の否定や、謝罪をした場合は、誠意が認められ厳重注意や始末書で解決することも実例としてあります」

   なお、「微妙な犯行予告」の扱いについては、同サイトでは、警察に通報はするものの、「判断は警察に任せている」とのことだ。

「たまたま、今回逮捕された『投す』のケースでは通報していないのですが、『投す』といった単語だけで(通報するかどうかを)判断するということはしていません。文章全体の文脈や、予告内容がどれだけ具体的かによって判断しています。特に、小学生などの社会的に立場が弱い人がターゲットになっている場合は、注意するようにしています。警察には『本気なのか、冗談なのかはわかりませんが…』と断った上で通報し、(本物の犯行予告なのかどうかの)判断は警察にお任せしています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中