モバゲーの売上高、初めて減少 10代の活動鈍化

印刷

   ディー・エヌ・エー(DeNA)は2008年7月28日、2008年第1四半期(4~6月)連結決算を発表した。それによると、携帯総合ポータル「モバゲータウン」の売上高は四半期ベースで前四半期比4%減の49億4200万円で、初めて減少に転じた。アバター販売や成果報酬型広告が不調で、広告をクリックすることなどでユーザーが獲得できる、同サイト内で流通している仮想通貨「モバゴールド」を使ったアバター取得が10代を中心に低下したことが響いた。

   同社の南場智子社長は、無料のアバターのみを取得したユーザーが大幅に増えていることを挙げ、「アバターの新たな取得という活動自体は低下していないが、無料のアバターが多少過多になっている」と説明している。また、健全性強化のためのパトロール強化で、10代のコミュニティ活動が鈍化していることも影響している、と指摘している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中