北陽伊藤ちゃん 「マネージャー」としてプール通い

印刷

   お笑いコンビ北陽の伊藤ちゃんこと、伊藤さおりさんが2008年7月31日のブログで、ちょっと前に入会したプールで起きた、恥ずかしい出来事を綴っている。

   入会時には身分証明が必要だった。伊藤さんは、自分が北陽の伊藤さおりだとバレたら嫌だなと考えていたという。で、今まで気づかれることはなかったが、ついに受付でこんなことを言われてしまった。

「すみません、伊藤さんの会社の、人力舎って、
まさか、あの人力舎ですか?」

   人力舎は伊藤さんの所属事務所。伊藤さんは、「ヤバい、バレたと思った」ので、「あ、はい。そうですけど、よく知ってますね~小さい事務所なのに」と切り替えしたそうだ。すると、

「マジっすか!マジで人力舎の!」
「スタッフさんですか!スゲー。」
「マネージャーか何かですか?」

と、しきりに聞かれたという。北陽の伊藤さおりだとは、全く気づかれなかったのだ。

「バレたとか心配してた私、オマヌケさんじゃ~ん。
恥ずかしいじゃ~ん」

   結局なんとも言えず、そのまま帰ってきたんだそうだ。明日からも、「マネージャーとして」変わらずにプールに通うつもりでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中