青木さやか 長井秀和ライブに「泣けてきた」

印刷

   お笑い芸人の青木さやかさんは、今年一番感動したことについて、2008年08月17日のブログに書いている。

「お笑いの先輩であり、仲間であり、なんだろう、性格は決していいとは言えないのに、多分、いや、絶対、嫌いになれない」

   その人とは、同じく芸人の長井秀和さんだ。青木さんが上京し、テレビに出られず、ライブもネタみせで落とされ、バイトも首になっていた頃に、一緒に時間をすごした。ロイヤルホストのいつもの席で愚痴り合い、夢を語って朝までドリンク一杯で粘った。そんな日々が続いていた。

  

   長井さんが当時から、

「ニューヨークに行ってスタンダップコメディ(ステージで立って演じる毒舌芸)をやりたいと言った」

と、青木さんは振り返る。

   そして一年前、長井さんは単身ニューヨークに渡った。青木さんは、英語が得意でもないのに、ツテもないのに、有言実行する姿に、「カッコイイなあ」と思った。でも、「大丈夫かなあ」と心配になり、やっぱり「少しさみしく思った」。そんな長井さんから、最近ライブに出られるようになったとメールがきた。パソコンでライブが見られるというので、

「暗い部屋でドキドキしながら見た」

「暗い部屋でパソコンの中の長井さんを見ていたら、泣けてきた」

   すると、年配の渋いおじさん司会者が

「ヒデカズ ナガイ!!」

と呼ぶ。客はワッと盛り上がり長井さんが登場した。長井さんが英語をしゃべると、「割れんばかりの笑いが起きる」。何を言っているのか、青木さんにはわからないというが、盛り上がっている様子がよくわかった。

「この人は、この一年、とにかく必死に、頑張ってきたんだろう
暗い部屋でパソコンの中の長井さんを見ていたら、泣けてきた」

   「今年1番感動した出来事」となった。そして8月半ば、一時帰国した長井さんとロイホで再会した。変わっていなかったが、一つだけ変わっていたことがあった。「ロイホがドリンクバーになったことくらいでしょうか」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中