青木さやか 長井秀和ライブに「泣けてきた」

印刷

   お笑い芸人の青木さやかさんは、今年一番感動したことについて、2008年08月17日のブログに書いている。

「お笑いの先輩であり、仲間であり、なんだろう、性格は決していいとは言えないのに、多分、いや、絶対、嫌いになれない」

   その人とは、同じく芸人の長井秀和さんだ。青木さんが上京し、テレビに出られず、ライブもネタみせで落とされ、バイトも首になっていた頃に、一緒に時間をすごした。ロイヤルホストのいつもの席で愚痴り合い、夢を語って朝までドリンク一杯で粘った。そんな日々が続いていた。

  

   長井さんが当時から、

「ニューヨークに行ってスタンダップコメディ(ステージで立って演じる毒舌芸)をやりたいと言った」

と、青木さんは振り返る。

   そして一年前、長井さんは単身ニューヨークに渡った。青木さんは、英語が得意でもないのに、ツテもないのに、有言実行する姿に、「カッコイイなあ」と思った。でも、「大丈夫かなあ」と心配になり、やっぱり「少しさみしく思った」。そんな長井さんから、最近ライブに出られるようになったとメールがきた。パソコンでライブが見られるというので、

「暗い部屋でドキドキしながら見た」

「暗い部屋でパソコンの中の長井さんを見ていたら、泣けてきた」

   すると、年配の渋いおじさん司会者が

「ヒデカズ ナガイ!!」

と呼ぶ。客はワッと盛り上がり長井さんが登場した。長井さんが英語をしゃべると、「割れんばかりの笑いが起きる」。何を言っているのか、青木さんにはわからないというが、盛り上がっている様子がよくわかった。

「この人は、この一年、とにかく必死に、頑張ってきたんだろう
暗い部屋でパソコンの中の長井さんを見ていたら、泣けてきた」

   「今年1番感動した出来事」となった。そして8月半ば、一時帰国した長井さんとロイホで再会した。変わっていなかったが、一つだけ変わっていたことがあった。「ロイホがドリンクバーになったことくらいでしょうか」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中