鈴木桂治 「誰とも会いたくないし、なるべくなら帰国もしたくない」

印刷

   男子柔道100キロ級に出場し、あえなく1回戦敗退を喫した鈴木桂治選手が2008年8月18日のブログで、現在の心境を綴っている。

   「皆さん、本当にすいませんでした」と謝罪からはじまる一文だ。期待に応えられなかったことについて鈴木選手は、次のように綴る。

「情けないのと、申し訳ないという気持ちしか今はありません。
誰とも会いたくないし、なるべくなら帰国もしたくないくらいです」

   だが、そんなことも言っていられないと、強い気持ちでいる。というのも、「オレは日本選手団の主将なので、これから闘う選手に笑顔で送り出さなければならないのです」。

   落ち込むのは、日本に帰ってからだ。まだまだ残っている日本勢の試合について、

「これからの仕事は、オレの魂を送り続けることです」

と、意気込んでいる。

   コメント欄では、「胸はって帰ってきてください」「そんなに謝らなくても大丈夫ですよ」「結果が全てじゃないですよ!」といった鈴木選手を思いやる、熱いコメントが2000件以上書き込まれている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中