米投資銀行に130億円を出資 みずほCB

印刷

   みずほコーポレート銀行(みずほCB)は、ニューヨーク証券取引所に上場する投資銀行のエバコア・パートナーズに1億2000万ドル(約130億円)を出資すると、2008年8月21日に発表した。また、同行とみずほ証券、ブリッジフォードグループ、エバコアの4社間で日本と北米のM&Aに係る業務提携契約を結ぶことでも合意した。

   みずほCBは取締役1人を派遣するほか、人員を相互に派遣し一体感をもってサービスを提供。医薬や情報通信、テクノロジー。流通、科学、エネルギー、自動車などの分野で共同業種専門チームを組成して、グローバルな知見とネットワークを生かした日本と北米のクロスボーダー案件を提案、助言する。

   なお、エバコアは米国のM&Aアドバイザリー・ランキングで06年度と07年度に連続して第1位を獲得。アドバイザリー業務として、AT&Tによる米通信大手のベルサウスの買収やゼネラルモーターズによる金融子会社GMACの株式売却などを手がけた実績がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中