エアギター大地 「世界一って三回連続取れないもんですね」

印刷

   お笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔さんが2008年8月22日、フィンランドで開催された「エアギター世界選手権」に出場した。これまで2連覇中の大地さんだったが、残念ながら3連覇はならなかった。ブログではさっそく、「3連覇無理でした!!スミマセンでしたっ!!」と報告している。

   本番前の22日のブログには、今回の選曲が紹介されていた。本番で使う曲として大地さんは、日本の3人組ロックバンド「Hi-STANDARD」の『Catch a Wave』を選んだと報告。「日本のパンクロック魂を見せ付けます!」「初めて日本の曲をやります!今凄くテンションが上がってきてます!」と意気込んでいた。

   そんな中、スポーツ紙の報道によると、大地さんは6位だったという。連覇はならなかった。23日のブログには、「なかなか世界一って三回連続取れないもんですね…」と、しみじみと綴っている。とはいうものの、日本から駆けつけてくれたファンに対して、次のように感謝を綴っている。

「でも応援に来てくれた日本の人が凄く楽しんでくれたのでそれだけが救いです。
応援コメントありがとうございました!」

   コメント欄では、「世界で6番目か7番目ならすごいと思います」「何位でも楽しんで出来たのならそれが1番です」「二連覇果たしても挑戦者として臨んだおおちさんがすごい」などと、祝福されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中