巨人の渡辺球団会長 WBCへ星野代表監督を後押し発言

印刷

   巨人の渡辺恒雄球団会長は2008年8月25日、都内のホテルで報道陣に対し、北京五輪日本代表の星野仙一監督(61)を擁護する考えを明らかにした。五輪では金メダルを誓いながら4位に終わったものの、「星野くん以上の人物がいるならいいが、オレはそうは思わない」と発言した。

   09年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で日本代表監督になることを是認したとも受け止められている。渡辺会長は、むしろ、「韓国、キューバはハングリー。選手が一生懸命だった。その点、日本の選手はね…。飽食暖衣(ほうしょくだんい)とは言わないけど、甘ったれているので、いい勉強になったと思うよ」などと選手らを批判した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中