千秋 娘には「パンクな女の子になってもらいたい」

印刷

   タレントの千秋さんが、2008年8月29日のブログで娘のお稽古ごとについて書いている。

   先日、ママ友達と一緒に昼食をとった。女の子の母親ばかり4組が集まって話しているうち、自分の娘以外はバレエを習っていることがわかった。で、娘が「バレエやりたい」と言い出した。

   しかし、千秋さんは余り気が進まない。「ライブハウスでボーカルやるようなパンクな女の子になってもらいたいと思っている」からだ。

「BANDってやっぱり自主的なものだもんね。独学で楽曲練習してメンバー自分達で探して。うん、やっぱり、いい! BAND最高。将来はとりあえずBAND組んで欲しい☆」

と、バンド活動の魅力を熱く語っている。娘には何がなんでもバンドをやってもらいたいようだ。

「あの…だから…バレエ、遠回りぢゃないかしら?」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中