川島なお美語る 「ぞっとするほどのセクハラ発言」

印刷

   女優の川島なお美さんが2008年9月3日のブログで、報じられていた「セクハラ発言」を受けたときの心境についてコメントしている。

「仕事の最中にぞっとするほどのセクハラ発言された…」

   スポーツ紙の報道によると08年9月2日、映画のトークイベントで騒ぎが起きた。イベントに出席したハマコーこと、政治活動家の浜田幸一さんが、幸せな家庭の秘訣として、「3人以上子供を産まない女性は国家にとって必要な女性じゃない」と放言したというものだ。同席していた川島さんは、「三つ子を産むようにします」と大人の対応を見せたという。

   とはいうもものの、川島さんの内心は穏やかなものではなかったのだろう。ブログには、この時の心境が次のように綴られている。

「ここで相手をたしなめるか激怒するのは簡単。
でも同じ土俵に立ちたくなかった。さりげなくかわした」

   その後、自宅では気を取り直して、久しぶりにキッチンに立った。婚約者の鎧塚俊彦さんに手料理を振舞うためだ。「彼の『うゎ美味しい!』って顔見ると疲れも吹っ飛ぶ」というように、この日の食事も好評だったらしい。「ほんま作りがいのある男じゃ」。騒ぎから一転、機嫌を持ち直した川島さんであった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中