餃子購入日本一は浜松市 地元しんきん研究所が発表

印刷

   ギョーザ購入額は浜松市が日本一だった、と静岡県西部地域しんきん経済研究所が2008年8月25日発行の冊子「しんきんパートナー」で発表した。総務省の家計調査(08年1月~3月)から算出したもので、同期間の浜松市の1世帯あたりのギョーザ購入額は51都市中トップの940円。2位は宇都宮市の786円、3位は鹿児島市の765円。51都市の平均は416円だった。

   これまでは宇都宮市がトップという認識が国内にはあったが、同冊子には、宇都宮市は餃子を全国ブランド化を図ってきた先輩都市であり、今後は、単にランキングを見て一喜一憂するのではなく、

「それぞれの独自性を発揮しながら競い合うことで、相乗効果が生まれることを期待したい」

と書かれている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中