人間ドック「異常なし」初の増加 健康意識が向上か

印刷

   2007年に人間ドックを受診した人のうち、「異常なし」と診断された人の割合が、調査を開始した1984年以来、初めて前年を上回ったと、日本人間ドック学会が2008年9月8日に発表した。上昇幅はわずかだが、学会では「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」が流行語になるなど話題になり、健康意識が向上したのではないかと見ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中